[PR] 美容整形 日々 太陽系について1
日々
日常のことについて書いていきたいと思ってます。 更新は週1~2回を目標にがんばっていきたいです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
太陽系について1
なんとか昨日で中間テストの峠は越した・・・
昨日は線形代数の中間テストがあったから
土曜日だというのに、6時起きだったし
ちなみに手ごたえは、微妙・・・行列が1問でも
合ってれば何とか合格点って感じかな~
ベクトルは点取り問題だったし
とりあえず、微妙ってことで
まったく・・・今週も土曜日が潰れちゃった・・・
まあ今回のは中間だし、しょうがないか
でもやっぱり休日は2日ほしいな~ さすがに
慣れたといえ、片道2時間は疲れる(寝てるけどね

さて、もはや定番になりつつある天文学関係でも
書いておくことにしよう(今回はちゃんとノート参考
前回ブラックホールについて書いたけど、今回は
地球型惑星・木星型惑星の大気について
我々の太陽系の惑星は金星~火星までを地球型
惑星、木星~海王星までを木星型惑星と分けること
が出来る。
地球型惑星の特徴は、本来ならばCO2中心の大気で
金星・火星の大気の約95%以上はCO2である。地球は
N2が78%、O2が21%の大気で構成されているので金星・
火星から考えれば、非常に特異な惑星であることが
わかる。地球型では、重力=ガス圧<静水圧平衝>が
保たれているのに対し、木星型の場合重力が大きい
ため重力>ガス圧によって静水圧平衝が崩れる。
これを重力崩壊という。このため木星型の大気の多くは
地面にへばりついているのである。この状態でもし人間
がこの大気の中から空を見上げた場合、水の中から
見上げた時のゆらゆらしている感じで見えるらしい・・・
ちなみに最近CO2が増えていると騒がれているけれど
地球は0.03%(これに+0.01%が人間によるもの)これが
2倍0.06%になるだけで、本来の地球型惑星から考えれ
ば、さほど問題ない数値だし、生命活動にも問題ない・・・
温暖化による、異常気象などが主な原因だしね。
しかも温暖化とか言ってるけど、今現在地球は氷河期
に向かってる
そうで・・・(太陽が弱まっているため?
とも言われているけど・・・

まあ、こんな感じで宇宙規模で考えてみるのもなかなか
面白いことだし、環境問題についても詳しく知ることが
できるからいいんだよね~(何言ってるんだ俺
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007 fugaku all rights reserved.
copyright © 2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
当コンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。